健康診断 その2

健康診断に関してもうひとつ。 それは、診察に欠かせない『医者』に関して。 彼らは、医師会等を通じて、偉い先生に半ば強制的に「行って来い」と言われて派遣されている医局の若い先生がほとんどらしい。言わば「小遣い稼ぎ」である。 検査機関も「先生の機嫌を損ねては今後の運営に支障が出る」と思うのか強く出られないというのが背景にあると思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康診断

今回は会社で行なわれる健康診断に関して。 委託されている業者さんは私(衛生管理者)が選定に関与したこともあり大変一生懸命運営してくれ、社員からの評判も悪くない。 しかし、健康診断は楽しい行事ではない。 まず、浮かぶのが「バリウムによる胃の検査」である。 昔から大嫌いだった。 バリウムを飲んでいるときに飲み込めず噴出した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学今昔物語

最近、併設の病院に見舞いに行くことがあって、超久しぶりに母校の大学キャンパスを訪れた。 私の通った大学が、私が入学した当時に新設された学校で、建物も敷地も全て新しいものであった。 しかし、それから30年近く経過した。訪れたのも15年ぶりくらい。 よって、様相が大きく様変わりしていた。 母校というものはいつ行っても変わらないよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧問という名の役に立たない人たち

中小企業には(大企業もかもしれないが)、「顧問」と呼ばれる社員がいる。彼らは非常勤で、ある分野に特化した方々で、何か問題があったときに相談するような形で存在している。 所在地も東京で、私のように品質関係の人間は経理関係の顧問をほとんど知らない。(ぶちょーなのに・・・) 彼らの存在意義は、いわゆる「保険」みたいなものだろうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退職後の地域とのコミュニケーション

私は比較的趣味は多いほうだと思う。 最近では、写真が面白く、時間があればいろんな場所に出かけている。 だから、老後になっても飽きることは無いと思っていた。 しかし、人とあまりコミュニケーションを取っていない。 写真が趣味の人の中には、グループになって撮影旅行をして、皆で作品を評価している人がいる。 今までにも何度か出会い、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険の更新

あたりまえの話だが、保険料は永遠ではない。 ということで、今年、生命保険の更新を行なった。 当然、同額の保険金を受け取るには保険料が違う。 それが、私の予想をはるかに超えた金額であった。(万単位で変わるのである) 今月と来月で私の体が突然年を取るはずもないのに・・・ 改めて、自分の年齢が老人期に近づいていると感じた。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博多散策

LIVE翌日は博多の町を散策した。 まずは、大宰府天満宮へ。 娘は来年中学3年生。いよいよ受験である。 最近頑張っているので親としては応援してやりたい。 ということで、学問の神様へ参拝することにした。 最初は博多の街を満喫したいような素振りだった娘も、大宰府天満宮に着くと神妙にお参りし、お守り・おみくじだけでは物足りなかったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EXILE TRIBE LIVE TOUR 2014 その5

予定より少し遅れて開演。 予想したように移動ステージがスタンドフェンス沿いにいくつも用意された。 興奮MAX! 嫁と娘がフェンスにかぶりつき一斉に大観衆。 中央のステージもしっかり見える。邪魔な鉄塔もない。 興奮して歌っていると、予想通り移動ステージが動いてくるのが見えた。 前を必死で見ている嫁の肩を叩いて移動ステージの方を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EXILE TRIBE LIVE TOUR 2014 その4

席も満足であったが、やはりこの別世界は何度来ても心地良い。 日常を忘れさせてくれる。 TDL(S)やUSJも同様の気持ちになるが、やはり気持ちの高ぶりはドームの方が大きい。 前にも書いたかもしれないが、「このような夢を与える仕事に就きたかった」と改めて思った。 さて、心に余裕が出たところで、周囲に目を向けてみた。 すると、外野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EXILE TRIBE LIVE TOUR 2014 その3

福岡ドームまでは地下鉄駅から徒歩約15分。 ラーメン屋を探しているときは、私のほうが歩くのが早かったのだが、この行程は嫁と娘がバリ早い。 あっという間に目的地に到着した。 そこで、まずはグッズの購入となるのだが、まだ開場1.5時間以上前だというのに長蛇の列である。 グッズ購入に関しては名古屋よりも大変であったのは何故だかよく解ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EXILE TRIBE LIVE TOUR 2014 その2

福岡に来たのは家族では初めてであることから、ツアー以外にも博多飯を存分に味わいたいと思っていた。 そこで、まず最初に「博多ラーメン」を食すことに。 博多駅にあるという「メン街道」に行くことにした。 しかし、博多駅もさすがに大きい。なかなか目的地に到達できず30分くらいうろうろしてやっと到着できた。 しかし、このロスのおかげでかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

≪EXILE TRIBE LIVE TOUR 2014≫

今回は、福岡ヤフオクドームに参戦。 羽田乗継の飛行機での旅行である。 ある意味非常に贅沢なライブ参戦である。 娘は、3歳の頃一度飛行機に乗せたことがあるが、その時の記憶は無いようで、実質初めてのフライトであった。 かなり緊張しているようである。 出発する地方空港は上昇即回転をするような航路であったこともあり、さらに、出発日前後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

≪年末の対応病院≫

昨年の大晦日、父(80歳台)が急に嘔吐・下痢症状を訴えた。(実家から連絡が入った) この時期だから「ノロウィルス」を疑うわけだが、とにかく病院へ行かなくてはならない。 しかし、既に町の病院は休診している。 わが市では、行政が運営する急患センターに医師会の先生がローテーションで診察するシステムを採っている。つまり、選択肢は無い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松岡修三さんの日めくりカレンダー

(昨年11月末の話) 錦織圭選手の活躍につられるように人気が上昇したのが松岡修三さん。 元々トッププレーヤーである彼だが、一躍彼を有名にしたのがその「熱血的な指導」。 錦織選手も彼の指導を受けたということでさらにブレークしたのは周知のことだと思う。 その松岡修三さんが日めくりカレンダーを出版していた。 何かの番組で取り上げられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血圧の治療

前回話した高血圧に関する通院の話の続き。 私の血圧治療は健康診断がきっかけであった。 元々学生の頃から血圧は高めで、当時から140-70くらいをずーとキープしていた。 しかし、5年前の健康診断では140-95くらいの値が出て要受診となったのである。 さすがに最低血圧が高すぎるとは思ったので、要受診はしかたのないことだが、結局…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通院で思うこと

私は5年ほど前から高血圧の治療のため2ヶ月に1回の割合で通院している。 きっかけは健康診断。 「要受診」との判定でやむなくかかり付けの病院に行った。 その結果、通院となっている。 今日話したいのは、土曜日の受診の際に感じたこと。 誠に身勝手な解釈であるのは承知だが、ある意味面白い現象だと感じたので記してみる。 それは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1年を経過して

このブログを立ち上げたのは2013年12月5日。 1年経過した。 当時は、手塩に育てた若いスタッフに次々に去られて、何かにその悲しみ・怒りをぶつけないと自分がコントロールできないような感情であった。 それを、ブログにぶつけてみた。 以後、愚痴を中心に自分の考えや経験・趣味の話を書いてきた。 投稿回数は、会社休日・出張日を除けば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供の送迎

私が子供の頃(昭和40年代)、真っ暗になるまで遊び家路についたり、真っ暗な中ホタルを捕っていたこともある。 また、一人でバスに乗って幼稚園まで通っていた。 そして、現在。 小さい子供が一人で外で遊ぶことなどできない環境となっている。(必ず付き添いがいる) 塾や習い事もしかり。 僅か100mくらいしか離れていない公民館での習…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

危険ドラック

政府が最優先課題と位置付けて対応してほしい案件。 危険ドラックを利用したバカに殺されたり怪我をしたりするかもしれないと思うと我慢できない。 難しい理屈は必要無いから、「危険ドラック」と判定される可能性があるものを売った人、使った人は麻薬取締法と同様の厳罰に処すべきだと思う。 過激な法律が社会をダメにする事例は、交通法規でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だめよ、だめだめ

今年の流行語大賞。 恐らく、忘年会の余興でもたくさん使われるに違いない。 しかし・・・ 感覚が「おやじ」と言われるかもしれないが、どうも直視できない。 あの、設定は・・・ 「ダッチワイフを購入したおやじ」である。 とても小さい子供には説明できない。 子供たちは、設定など関係なく、「オバQ(古!)」に似たキャラクター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more